【種類の多さが人気の要因】キクの育て方を詳しく紹介

タイミングが重要

芝生と積み木

時期を選んで作業する

庭に雑草が生い茂っていると、訪れた人を不快な気持ちにさせるものです。また、雑草をそのままにしていると虫が発生する原因ともなってしまいます。そうならないためにも、草取りをする必要があります。草取りというと面倒だと感じる人も多いかもしれません。しかし、ちょっとしたコツを知っておくだけで、面倒な草取りの作業も少しだけ楽になります。草取りをする上で、気を付けたいポイントがいくつかあります。まず一つ目は、どのタイミングで草取りをするかということです。雑草はもちろん植物ですから、花を咲かせた後には種をつけます。その種がこぼれてしまうと、翌年にはそこから芽が出て再び雑草として丈夫に育っていくこととなります。このことから、草取りは少なくとも種がつく前に終わらせてしまう必要があります。そのため、遅くとも秋までには草取りをするようにしましょう。次に、気を付けたいのが、草取りに適した道具をそろえるということです。草取りなんて手でむしればいいのではないか、と考える人もいるかもしれません。わざわざそのために道具をそろえる必要はないと感じる人もいるかもしれません。しかし、適した道具があるだけで、作業の効率は格段に上がります。時間と労力の節約のためにも、ぜひ道具をそろえることをおすすめします。草取り用の道具はホームセンターや通販でも購入することができます。用途も使い方も違う様々な道具があるので、どれが自分に合っているのかを考えながら選ぶようにしましょう。